よくある質問

グループホーム うきすの里

質問 グループホームはどういう人が入れる施設ですか?
答え 介護認定が要支援2または要介護1~5の方で、医師により認知症の診断をされている方が対象となります。また、原則として倉敷市内に住所がある方です。
認知症により介護が必要な方が、家庭的な環境と地域住民との交流のもと、住み慣れた環境での生活を継続できるようにする事を目指しています。

質問 入所申し込みはどこに行けばよいですか?
答え 直接うきすの里で申し込みを受け付けします。また、地域包括支援センター・居宅介護支援センターなどを通じてでも申込みできます。

質問 利用料金は1ヵ月にどのくらい必要ですか?
答え 介護費については、介護度により報酬の1割が自己負担になります。この他に食費・管理費・居住費が必要です。うきすの里では、概ね13万円程度です(料金表参照)。
この他に、医療費や薬代、介護用品(オムツ等)など、個人の実費負担が生じます。たいていの場合、15万円までで収まる料金設定にしています。
生活保護の方も受け入れ出来ますので、御相談下さい。

質問 建物の作りはどうなっていますか?
答え うきすの里では、「KES構法」を採用しています。柱の無い大空間で、天井も高く爽快で広々としたフロア、しかも岡山県産材を利用した温もりのある生活空間となっています。また、スプリンクラーも設置し、安全面も十分に配慮しています。